病気・ケガで困った時の日本人の強い味方 日本語医療センター

日本語医療センターについて

病気・ケガで困った時の日本人の強い味方 日本語医療センター

日本語医療センターについて

日本語医療センターでは、オーストラリアのパースとメルボルンで病気やケガをされた日本人の皆様が、言葉の心配をせずに、日本語による診療がスムーズに受けられます。当センターは1999年の開業より、安心のサービスを提供し続けています。


パースとメルボルンにクリニック

日本語医療センターは、オーストラリア国内においてパースとメルボルンでクリニックを開業しています。

【パース】

日本語医療センター・パース 詳しくはこちら>>

【メルボルン】

日本語医療センター・メルボルン 詳しくはこちら>>


サービス内容

  • 日本語による診察の予約
  • 診察の際の医療通訳
  • 日本語による薬の説明
  • 各種海外旅行傷害保険キャッシュレスサービス
  • 当センター外の専門医や病院入院の際の通訳派遣
  • 妊婦検診
  • 健康診断各種
  • 予防接種各種 など

オーストラリアの医療制度

 日本では、自分の症状に合わせて特定の診療科(内科や耳鼻科など)がある病院で診察を受けますが、オーストラリアではどのような症状でもまずGP(General Practitioner:一般開業医)で診察を受けます。GPでは内科、外科、整形外科、小児科、眼科、耳鼻科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科(性行為感染症)、アレルギー科、精神科・心療内科など、歯科を除く全てにおいて幅広い診療を受けることができます。また、各種健康診断や子どもの定期検診や予防接種、旅行のための予防接種、妊婦検診なども受けられます。当センターはこのGPにあたります。

 GPによる診察で、さらに専門的な診断・治療が必要とされた場合は、専門医を紹介されることになります。GPや専門医などの受診は基本的に予約制になっており、特に専門医の場合は重症度にもよりますが、2~4週間の予約待ちになることもあります。

 一刻を争う重症の場合は、病院の救急外来(Emergency)に直接行きます。救急外来は年中無休・24時間受付で、急患のための適切な診察・治療を受けることができます。

Copyright © International Medical Services All Rights Reserved